女性向け通信講座【ジェルネイル認定講師資格】を取得してキレイな爪に♪無料資料請求あり

ネイルをきれいにお手入れした方、ネイルの仕事に興味がある方、ジェルネイルの資格を取得して活躍しましょう♪

自己流でネイルをしている方も多いですが、ネイルの資格を取得することでお仕事にも活かせます。

無料資料請求もありますので興味のある方は是非確認してくださいね。

ジェルネイル無料資料請求はコチラ

 

ジェルネイルとは?

 

ネイルアートとして近年定番になりつつある人気のジェルネイル。

セルフネイル向けにも格安のキットなどが販売されていたりしますよね。

ジェルネイルというのはジェル状の液体を、爪に塗り、UVライトやLEDライトに当てることで固まるものです。

乾くのを待たなくてはいけないポリッシュよりもツヤがいいですし使用するジェルの種類によってはスカルプも可能。

ツヤがよくきれいに仕上がりますし、とても長持ちするのが特徴です。

そんなジェルネイルですが、実はジェルの中にも種類があり、大きく分けると「ハードジェル」「ソフトジェル」の2種類になります。

ソークオフジェルというのがジェルネイルの一般的なものだと思いますが、それもソフトジェルと同じ意味合いを差すことが多いですが、中にはハードでもソークオフできる商品もあるようです。

 

ハードジェル

 

ハードジェルとは、よく聞く「ジェルスカルプ」に用いられるものです。

名前の通り自爪のような固い仕上がりになるので長さを出したい時におすすめのジェルネイルです。

ただ、専用の液だけでオフすることができず、削って落とさなければいけないので自爪まで削ってしまうことが多く、自爪が薄くなりやすいというデメリットもあります。

ただ、セミハードと呼ばれるソークオフができるハードジェルもあるようです。

ハードジェルは、アクリルのスカルプチュアと同じように、紙でできている「フォーム」と呼ばれる台紙を爪先にはめて、その上にジェルを塗ることで自爪から伸びたように長さをだすことができます。

ジェルのスカルプはアクリルよりもツヤがでるので、特にクリアに仕上げたい時なんかにはジェルの方がより一層キレイに仕上がるのでおすすめです!

 

 

ソフトジェル

 

ソフトジェルはソークオフジェルともいい、専用の液で簡単に落とすことができます。

よくサロンなどで聞く「バイオジェル」や「カルジェル」というのはこのソフトジェルの部類。
ソフトジェルは短めの自爪へのジェルアートなどにも非常に人気です。

ジェルは強いので、爪の補強にもなるので、自爪を伸ばしたい時、爪が弱い人などにもおすすめです。

長さ出しをしたい時にはソフトジェルはしませんが、「チップオーバーレイ」という長さだしを行うのなら、このソフトジェルでもOKです。
(ソークオフジェルの中でもハードタイプのジェルを使用する場合が多いですが。)

ちなみにチップオーバーレイとは爪の先端にだけチップをつけて長さを付け足す技術。

その上にジェルを塗ってコーティングするのが「ジェルチップオーバーレイ」というものです。

また、カラージェルというのは、顔料を混ぜて作られたものや、元々色が付けられているジェルの事。

違う色のカラージェルを混ぜることによってオリジナルの色のジェルが作れますし、カラーバリエーションも広がります。

また、ピーコックアートやマーブルなど様々な色を使用するジェルアートを施す際にもこのカラージェルはおすすめです。

 

 

ネイルケアの手順

 

①汚れを落とす

まず、手を綺麗に洗います。自身で行う場合には石鹸でしっかり洗うだけでもいいですが、人の手をケアする場合はまず自分の手指、そして相手の手指の消毒から始めましょう。

この一番最初に行う消毒するという手順を必ず守らなければいけません。
手についている雑菌類が、道具などにも移らないようにしましょう。
ネイル検定の際にもまずこの消毒を忘れると減点対象となります。

また、この時点でポリッシュが付いている場合はケアを始める前に、リムーバーでオフします。
もしコットンではきれいに取りきれず、爪のサイドや根元部分などに若干残ってしまった場合は、ウッドスティックにコットンを巻き付けたものなどで、きちん隅々まできれいにオフしておきましょう。

オフする際にポリッシュリムーバーを含ませたコットンを爪の上にずっと放置してオフするという方法は自爪を傷めやすい間違ったオフの方法なのでやめましょう。

 

②長さ・形を整える

自分の好みの形や長さを決めたらネイルファイル(エメリーボード)で自爪の長さを整えた後、形を整えます。

この削る際の注意としては、一方向にのみ動かすこと。
ついつい左右にごしごしと往復がけをしたくなってしまいますが、2枚爪などの原因になってしまうので、自爪のようなナチュラルネイルの場合に行うのであれば往復がけは絶対にやめましょう。

爪の左側は左から右に、爪の右側は右から左へというように、常に一定方向に向けて削る癖をつけておくと、慣れてくると思います。

後は好みでポイントやオーバル、ラウンド、スクエアオフなど形を整えて行きます。

長さや形を整えたら、爪の削りかす(爪の裏のバリ等)を目の細かい280グリットあたりのバッファーできれいに取り除いておきましょう。

 

③キューティクルケア(甘皮処理)

ファイルで形と長さを整えたら、フィンガーボウルのぬるま湯に付けるのですが、その付ける前にはキューティクルリムーバーもしくはキューティクルクリームを各爪の根元の方に米粒大くらいに出して、指でなじませましょう。

キューティクルクリームをなじませた後に、フィンガーボールに付けるわけですが、これらの作業は、キューティクルの下から出てくるルースキューティクルと呼ばれる角質の部分を柔らかくして除去しやすくするために行います。

検定などの際には、このフィンガーボールには1度だけ浸けても2度浸けてもいいことになっていますが、角質が固くなっている場合は2度浸けた方がよりふやけて処理しやすくなると思います。

フィンガーボールから取り出した後はネイルブラシなどで、爪の表面やまわりに付着している汚れや油分を必ず除去します。検定の際にはこれを忘れると減点となります。

そしてタオルやガーゼなどで手についた水気を拭き取ってから次の作業に移ってください。

柔らかくなった甘皮はメタルプッシャーやウッドスティックにコットンを巻き付けたものなどでプッシュアップします。
この時に注意するべきことは力をいれてプッシュアップしないこと。
無理なプッシュアップや自己流で間違った処理の仕方をしていると、爪の状態が悪くなってしまう場合もあるので、特にメタルプッシャーを使う場合は角度を45度にするなど、十分に注意しましょう。

初心者にはウッドスティック+コットンでのプッシュアップが向いていますが、メタルプッシャーを使用する場合は必ず先を水につけながら使用するようにしましょう。

 

④仕上げ

本来はプッシュアップした後、キューティクルニッパーなどで余分な角質の部分をカットしたりするのですが、ニッパーの扱いは難しいので、やり方を学んでいない方は避けた方がいいと思います。

3の工程後はガーゼを反対の手の指に巻き付けて、丁寧に爪をふきながら、ルースキューティクルを取り除いていく方法でもOKです。
また、爪の裏にも汚れは残っているので丁寧に取り除いてくださいね。

綺麗に汚れをとり除いたら、仕上げに3WAバッファーなどで爪の表面を磨き、凹凸を少なくしましょう。そうすることでツヤや輝きがでますし、カラーリングの際にきれいに仕上がります。そして次回オフする際にもオフしやすくなるのでおすすめです。
ただし、ネイルなどのやり過ぎで爪が薄くなってしまっているという人は、磨きすぎないように注意してくださいね。

 

ジェルネイルの仕事

 

人気のジェルネイルの資格を取得すると

 ネイルサロンで働く

 エステサロンで働く

 美容院で働く

 自宅で開業する

など、美容業界で活躍することができます。

技術を身につけることで自宅で開業することも可能です。

また、仕事にしなくても自分の趣味でネイルを楽しむこともできます。

【日本パーツビューティーアカデミー】でジェルネイルの資格を取得すると「安心の就職サポート」があり、全国の提携店舗に就職するサポートも受けられます。

資格を取得した後、すぐに働きたい方にも安心ですね。

無料資料請求はコチラ

 

 

通信講座で学ぶのに向いている方は?

 

  ネイルを学びたいけど、仕事をしていてスクールなどに通う時間がない。

 近くに専門学校やネイルスクールがなく、通えない。

 金銭的にスクールに通うのはちょっと大変。

 趣味以上のネイルスキルを学んでおきたい。

 技術の向上、できる幅を広げていきたい。

などに当てはまる方だと思います。

通信講座での学習といえども、検定を突破してネイルの世界で働くつもりであれば、正しい理解と技術を身につけることが必要。そして常に新しい情報を収集することもネイリストとして大事なことです。

通信講座というのは自分のペースで学ぶことができるのが何よりも一番大きなメリット。

つまり、

・時間に融通がききにくい子供がいる主婦の方なら家事や育児の合間、子供が寝た後などに

・平日の日中は仕事で忙しいOLの方などでも、仕事が終わってからネイルスクールに毎日数時間通うというのではなく、ご飯も食べてお風呂も入って、寝る前までの1、2時間を学習時間にあてる

など、自分の都合のいい時間を有効に使って練習することができるので、他の人達にペースを合わせず、無理なく続けられるのが一番のメリットだと思います。

そして専門学校などに通うよりも費用が安いというところも気軽に学べるポイントですね。

ジェルネイル無料資料請求はコチラ

 

日本パーツビューティーアカデミーとは?

 

日本パーツビューティーアカデミーでは、女性の就業・開業に最適な技術や資格を習得できる「通信講座」を開催しています。

手に職をつけることで、仕事に就くこともでき、自宅で開業することも可能です。

■日本パーツビューティーアカデミーの通信講座の特徴

 

  日本パーツビューティーアカデミーの通信講座は、資格を取得するまで前面サポートしてくれますので、初心者でも未経験でも安心して受講できます。

 通信講座なので子育て中でも時間の空いた時間に、好きな時間に学ぶことができます。

 充実した教材がそろっているので、すぐにはじめることができ、仕事に活用できる技術を学ぶことができます。

 電話、メールでのサポートがありますので困ったことがあればすぐに質問できます。

 

 

日本パーツビューティーアカデミー人気講座

 

女性向けの通信講座はこのようなものがあります。

■美容系
★まつ毛エクステ講座
★ジェルネイル講座
★メイクアップ講座
★眉エク講座

■クラフト系
★デコパージュ講座
★ハーバリウム講座
★クリスタルデコレーション講座
★レジンクラフトデザイン講座
★LEDレジンアクセサリー講座
★スクラップブッキング講座
★石鹸クラフト講座

就職、開業しない方でも、最近では自分で作った作品をSNSで紹介したりメルカリなどで販売する方も増えています。

まずは楽しみながら学んでみるのも良いですね♪

日本パーツビューティーアカデミー講座を確認!

 

通信講座で学ぶメリット

・空いた時間を使って学べるので自分のペースで進められる
・専門学校やスクールに比べると費用がかなり安い

 

通信講座で学ぶデメリット

・直接先生の技術を見て学ぶことができない
・1人で進めて行くので、意思が強くなければ続かない

日本パーツビューティーアカデミーの通信講座は24時間対応でメール相談ができるので安心ですね。

 

ジェルネイル認定講師資格取得講座の教材

 

受講時にお届けするプロフェッショナル使用のキットで、ワンランク上の仕上りになります。

1.公式テキスト
2.LED ライト
3.クリアジェル
4.カラージェル
5. ジェルブラシ
6. リムーバー
7. ジェルクリーナー
8. エメリーボード
9. バッファー
10. ファイル
11. シール
12. スタッズ
13. ラメグリッター
14. ストーン
15. ホログラム
16. パールストーン
17. ウッドスティック

 

ジェルネイル認定講師資格取得講座の内容

 

・ネイル用具の種類と名称
・プレパレーション(下処理)
・甘皮処理
・ベースの塗り方
・LED ライトの使い方
・ラメグラデーションの塗り方
・縮まないカラージェルの塗り方
・フレンチの塗り方
・マーブルアートの塗り方
・カラーの塗り方
・ピーコックアートの塗り方
・ドットアートの塗り方
・カラーグラデーションの塗り方
・ストーンアートの作り方
・ホログラムアートの作り方
・シールの貼り方
・ジェルネイルの落とし方

 

ジェルネイル認定講師資格取得講座の料金

 

ジェルネイル認定講師資格取得講座を受講する際の料金をご紹介します。

■一括で支払う場合

79,000円(税別・送料別)

■分割で支払う場合

3,800円× 24回払(初回のみ 4,064円)(税別・送料別)
※分割支払い例

一括では難しい、、、という方も月々少しづつ支払いすることも可能なのですぐに受講できます♪

毎月の定員が決まっているので、受講しようか迷っている方はまずは資料請求をしてみてくださいね。

 

 

無料で資料請求

 

資料請求は無料です。

興味がある方、受講したいと考えている方、どんなことを学ぶのか知りたい方はまずは無料で資料請求してみましょう♪

ジェルネイルに限らず、他の講座の資料請求も無料です。

自分が興味のあるものを確認してから受講する講座を選ぶのも良いですね。

■人気の講座・無料資料請求

◎ジェルネイルジェルネイル認定講師資格取得講座

 

◎ハーバリウム資格取得講座

 

◎デコパージュ資格取得講座