垂れた胸を筋トレで改善しよう!ツンと上向き理想的なバストへ!

 

垂れたバストを改善

 

出産後や授乳後・加齢によって垂れた胸を筋トレでツンと上向きバストに改善しませんか?

大胸筋を鍛えることで、バストの垂れを改善できます!

胸の垂れを防止したい方や胸の形を整えたい方におすすめのトレーニングです。

ハリのあるキレイなバストに変身しよう!

 

私は学生の頃、体や胸が大きくて悩んでいました。

胸がでかく見えるのが嫌でブラジャーをつけていませんでした。

2年間くらいブラをつけない生活を送っていると、徐々に胸が垂れてしまっている事に気付きました。

さらにダイエットをして胸が落ち、そんなに胸が大きくないのに胸が垂れているという最悪な状態になってしまったのです。

 

少しでも胸の垂れを改善したくて、筋トレで大胸筋を鍛えることにしました。

胸を支える大胸筋が衰えていると、クーパー靭帯も弱まり、胸を支えていられなくなるそうです。

支えきれない脂肪がどんどん下に落ちて胸が垂れてしまいます。

加齢と共に筋肉も衰えるので、日頃から継続して運動することが大事だそうです。

垂れた胸を筋トレで改善する方法を調べてみました。

 

垂れた胸を筋トレで改善する方法

 

・合掌のポーズ

 

合掌のポーズのやり方を説明します。

1.姿勢を良くして胸の前で手を合わせましょう。(肘はバストより下に下げない)

2.息を吐きながら、手の平を15秒ほど押し合いましょう。(胸の筋肉を意識して行いましょう)

3.2を5回×1日3セットしましょう。

 

・膝つき腕立て伏せ

 

膝つき腕立て伏せのやり方を説明します。

1.手と膝を床につき、四つん這いの姿勢になりましょう。

2.手は肩幅より広めに開き、指先は手で、「八の字」を書くように内側に向けましょう。

3.ゆっくりと肘を曲げ伸ばして体を上下しましょう。(この時、顎を床ギリギリまで近づけましょう)

3.バストを意識して10回×1日3セット程度行いましょう。

※膝つき腕立て伏せを行う時に、反動を付けない&お尻を突き出さない&背筋が曲がらないように注意しましょう!

 

 

バストアップ!垂れた胸を改善!

 

合掌のポーズや膝つき腕立て伏せを毎日続けることによって、大胸筋が強くなり、胸の垂れを戻し、徐々に綺麗な形のバストに改善されるそうです。

胸の垂れを改善するには、内側から大胸筋を鍛え、補正効果のあるブラジャーやマッサージで外側からのケアで効果をさらにアップさせた方が良いとのことです。

乳腺を刺激するバストマッサージを行うことで細胞が更に活性化してバストケアができるからです。

少しでも胸の垂れを改善したい方は、

・合掌のポーズ

・膝つき腕立て伏せの筋トレを毎日行う

・補正効果のあるブラジャーを身につける

 

バストマッサージケアでツンと上向きバストへ変身させましょう!

みなさんもハリのあるキレイなバストに戻しませんか?